鼻の整形の美容コラム

美容コラム

目立ちすぎる鼻をスッキリ!小鼻縮小の流れやダウンタイムは?

鼻の整形
目立ちすぎる鼻をスッキリ!小鼻縮小の流れやダウンタイムは?
  1. 小鼻縮小ってどんなときにするの?
  2. 小鼻縮小を受けるときの流れは?
  3. 術後のダウンタイムはどう過ごしたらいいの?
  4. 相談すれば、悩みは意外と簡単に解決するかもしれない

顔の真ん中に位置する鼻は、高さだけでなく幅も悩みの種になり得ます。例えば、小鼻が横に広がっていると必要以上に存在感がでてしまい、実際よりも鼻の穴が大きく見えてしまいます。すると鼻が目立ちすぎて、顔全体のバランスを崩す原因になってしまいます。


そんな目立ちすぎる鼻を改善するには、「小鼻縮小」がおすすめです。そこで、小鼻縮小とは、どのような施術なのかを詳しく解説します。


|小鼻縮小ってどんなときにするの?


小鼻縮小は、鼻翼と呼ばれる鼻の両脇の部分が横に広がっているときに、幅を狭めてスッキリとさせる施術です。「あぐらをかいたような鼻」と表現されるような幅が横に広い鼻は、正面から見たとき、どうしても大きく見えてしまいます。


そうすると、いくら高さは十分にあっても前からつぶされたような鼻の印象になり、鼻の穴も大きく見えてしまいます。顔の小さな女性の場合は、他のパーツとのバランスが悪く、顔全体が男性的に見える原因にもなります。


そういったお悩みに対して、鼻の幅を狭く見せたり、鼻の穴を目立たないようにするのにおすすめなのが小鼻縮小なのです。小鼻縮小というと小鼻の部分を小さくするイメージですが、同じように鼻の穴が大きく見えても、鼻の先端が高く、横にも大きく張り出している場合と、鼻の高さが低く、横への張り出しも少ない場合があるため、切開する部分や切開の大きさは人によって少しずつ異なります。


また、鼻をスッキリと見せるために高さも必要になる場合には、高さを出す施術も同時に行います。小鼻縮小は切開を伴う手術ですが、顔の目立つ部分の手術ですから、傷跡をできるだけ小さく目立たなくする工夫がされています。鼻の穴の中や、小鼻の溝の部分に最小限の傷が残る程度に切開するため、安心して受けられます。


|小鼻縮小を受けるときの流れは?


小鼻縮小を受けるときの流れは?


小鼻縮小を受ける際は、まずカウンセリングでどのような形の鼻が理想なのかを伝え、医師とイメージの共有ができるように十分話し合います。小鼻縮小が必要な鼻であっても、人によって理想の鼻の幅や高さも異なるため、どこをどのように切り、どのくらいの高さや幅にするのかをしっかり共有しておかないと、後で仕上がりがイメージと違うということになってしまいます。


ただし、自分の理想だけに固執せず、医師のおすすめにも耳を傾けることも必要です。美容クリニックによっては術後のイメージをシミュレーションしてくれるところもあり、中には3D画像で示してくれるところもありますから、最初の時点でしっかりと医師とすりあわせをしておきましょう。


また、カウンセリングの時点で、ダウンタイムや痛みについても、しっかり確認しておくことが大事です。カウンセリングが済み、施術を受ける意思が固まったら、実際に施術を受けます。まずは、切開する部分にしるしをつけます。切開は局所麻酔が効いている状態で行うため、施術中に痛みを感じることはありません。また、切開する位置も鼻の穴の中や小鼻の溝の部分で、数ミリ程度です。鼻のサイズや形に合わせて傷口を縫い、ちょうど良い幅まで縮めます。


抜糸までは約1週間から10日ほどかかります。施術後すぐに、傷口を保護するテープを貼られますが、目立つのが嫌でも施術当日は外してはいけません。翌日までそのままにしておき、自分で外すようにします。


|術後のダウンタイムはどう過ごしたらいいの?


術後のダウンタイムはどう過ごしたらいいの?


施術時間は切開する部分や大きさにもよりますが、大体30分から1時間程度です。


女性が気にするメイクは施術当日にはできませんが、翌日からは可能です。ただし、しばらくはこすったり濡らしたりすることは避けた方が良いため、メイクを落とすときには十分に注意しましょう。シャワーは施術当日でも浴びることはできますが、ダウンタイムをできるだけ短くするためにも、施術した部分に水がかからないように注意する必要はあります。


入浴や飲酒、激しい運動など血流量が増える行為は、抜糸までは控えます。施術後、麻酔が切れると若干鈍い痛みを感じることがありますが、ダウンタイムの痛みは我慢できないような鋭い痛みではなく、時間が経つにつれて治まってくるでしょう。


切開を伴う施術のため、どうしても鼻やその周辺には腫れがでますが、数日後から少しずつ引いて、抜糸の頃にはほとんど腫れはなくなります。


内出血が起こる場合もありますが、その場合でも1~2週間もすれば自然と消えて目立たなくなります。術後の経過で気をつけなければならないのは、鈍痛ではなく激しい痛みが感じられた場合や、ひどい炎症が起こった場合、熱が出た場合などです。その際には、できるだけ早く施術を受けた美容クリニックに連絡を取り、診察してもらうのがおすすめです。


|相談すれば、悩みは意外と簡単に解決するかもしれない


相談すれば、悩みは意外と簡単に解決するかもしれない


鼻の美容整形というと高さにばかり目がいき、幅の修正ができることは知らないという人もいます。しかし、横に張り出した鼻や、鼻の穴の大きさで悩んでいる場合には小鼻縮小という改善方法があります。


鼻の悩みを抱えたまま放っておいても何も改善しません。鏡を見るとどうしても目に入る部分ですから、気になるようであれば、試しに無料カウンセリングだけでも受けてみるのがおすすめです。どうにもならないと思っていた悩みが意外と簡単に解決するかもしれません。


聖心美容クリニックの鼻の整形施術一覧へ