若返り・アンチエイジングの美容コラム

美容コラム

老け顔に⁉毎日の生活から始める、ほうれい線対策と治療法とは?

若返り・アンチエイジング
老け顔に⁉毎日の生活から始める、ほうれい線対策と治療法とは?
  1. いつのまにか口元に線が!ほうれい線ができる原因とは?
  2. 日常生活でもできる!?知っておきたい「ほうれい線対策」
  3. ごまかしきれない!早く治したい!そんな人におすすめの治療法とは
  4. ほうれい線とさよならしたい!そう思ったら、まずは一歩踏み出そう!

鼻から口元に伸びた、たった2本のラインの存在だけで、一気に顔が老けてみられてしまうほうれい線を、顔のコンプレックスの一つと考えている人は少なくないでしょう。
メイクでも隠しにくいほうれい線を目立たなくするために、日常生活の中でどのように対策をすればよいのでしょうか?顔からほうれい線を消したいという人に、その治療法をご紹介します。


|いつのまにか口元に線が!ほうれい線ができる原因とは?


ほうれい線ができる原因を年齢だと考えている人も多いかもしれません。しかし、実際には、年齢に限らず、若い人でもできる場合があります。
ほうれい線の原因には、主に3つのことが関係していると言われています。


1つ目が、顔の脂肪や筋肉の衰えです。目や口など、顔のパーツを動かす時に使われる顔の筋肉を「表情筋」といいますが、この筋肉は顔の皮膚につながっています。常に受けている重力の影響で筋肉が衰えると、同時に皮膚が垂れ下がり、たるみによってできたシワが、ほうれい線となって表れるのです。


2つ目が肌のハリや弾力の劣化です。肌のハリや弾力は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンという線維によって維持されています。これらの線維の量が減少すると、肌はハリや弾力をキープすることができなくなり、やがて皮膚のたるみとして表れます。
コラーゲンやエラスチンの劣化を引き起こすのが、紫外線や加齢であり、これらがほうれい線が出来てしまう原因の一つとなっているのです。


3つ目が、乾燥です。肌の表面にあるべき水分が、乾燥によって失われると、皮膚の新陳代謝の乱れと共に、皮膚表面のキメが悪化し、小さなシワができ、やがてほうれい線となって表れます。


|日常生活でもできる!?知っておきたい「ほうれい線対策」


日常生活でもできる!?知っておきたい「ほうれい線対策」


ほうれい線対策は原因に合わせて行う必要があります。


顔の筋肉の衰えが原因である場合は、表情筋を鍛えることが効果的です。表情筋を鍛えることで、顔の皮膚の垂れ下がりをおさえ、シワを生じにくくします。普段から意識的に筋肉を動かすことが必要なため、顔のエクササイズを行うと良いでしょう。
特に、鼻から口元にかけてのシワである「ほうれい線」の対策では、口周りのエクササイズが効果的です。「い」と「う」の口の形を交互に作ることで、口周りの筋肉を動かしたり、舌を上下左右、右回り、左回りに動かしたりすることで、口周りのリンパの流れを促すと良いでしょう。


肌のハリや弾力の劣化が原因となっている場合には、ハリや弾力の低下の原因である、紫外線の対策をすることが効果的です。外出時には、日焼け止めや日傘、帽子などを使用し、紫外線対策をしておくと良いでしょう。室内にいる場合でも、紫外線を受ける環境である場合には対策をとっておくことも重要です。


原因が乾燥である場合には、毎日の保湿をしっかりと行うことがポイントとなります。洗顔で肌を清潔に整えたら、化粧水や乳液、クリームなどを使用し、十分な保湿を行っておくと良いでしょう。


|ごまかしきれない!早く治したい!そんな人におすすめの治療法とは


ごまかしきれない!早く治したい!そんな人におすすめの治療法とは


放っておくことで悪化することもあるほうれい線を、早く治したいという人におすすめなのが、美容専門の医師によるほうれい線治療です。治療にはさまざまな方法がありますが、最も多くの人に利用されているのが、ヒアルロン酸を注入する治療法です。


ヒアルロン酸は水分をキープしておく力があるため、保湿に特化した化粧水や美容液などでも使用されています。肌の保水力を強めてくれるヒアルロン酸を、皮膚の内側や皮膚下に注入することで、肌を膨らませてハリを作り、シワやほうれい線を改善します。
一般的には、ヒアルロン酸はアレルギーなどがおきにくいため安全性の高い成分とされていますが、注入液を打つ位置が、動脈との関わりが深い部分であるため、信頼できる医師による治療を受けることが必要です。


できるだけ自然な形で、糸を使って皮膚をリフトアップするという治療法もあります。治療したことが見た目でわかりにくく、早くに効果を実感できる点も魅力でしょう。皮膚に糸を引っ掛けて、引き上げることで、顔にリフトアップ効果が生じます。
筋肉の衰えや、ハリや弾力の低下によってできるたるみがほうれい線の原因である場合には、特に効果的と言えるでしょう。


|ほうれい線とさよならしたい!そう思ったら、まずは一歩踏み出そう!


ほうれい線とさよならしたい!そう思ったら、まずは一歩踏み出そう!


鏡を見るたびに、顔に刻まれた二本の線に溜息が出るという人も少なくないことでしょう。そのようなときには、あきらめずに、気軽な気持ちで、日常生活の中から対策を行ってみてはいかがでしょうか。


ほうれい線の改善をしたいと思ったら、まず自分のほうれい線が生じた原因が何であるのかを確認することが大切です。筋肉の衰えなのか、肌のハリや弾力の低下が原因であるのか、乾燥がまねいていることであるのかを知る必要があります。
原因がわかったら、それぞれに合った対策方法で、ほうれい線の改善に努めましょう。


加齢が原因で、日常生活の中でのセルフ対策では対応し切れないという場合や、少しでも早く効果を出したいという場合、また自分自身でさまざまな対策を行ってみたがなかなか効果が感じられないという場合には、信頼できる美容の専門の医師のもとで、自分のほうれい線の状態に合った治療を行ってみるのも良いでしょう。


その存在だけで、5歳も10歳も老けて見えるとも言われるほうれい線に別れを告げ、若々しい肌を目指して、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。


聖心美容クリニックの若返り・アンチエイジング施術一覧へ