症例写真

症例写真

ピアスホール温存してホクロ取りたい!!

美容皮膚科 ホクロ・イボ 30代 / 女性
施術内容
ホクロ・イボ

30代女性の患者様です。
ご希望は“ピアスホールを残して耳たぶのホクロを取りたい”でした。
よく見ると、耳垂の色素性母斑(ホクロ)の頭側に近接してピアスホールがあります。
ピアスホールを温存しながら丁寧かつ慎重に色素性母斑を切除し、耳垂の前方・側方・後方の3方向に対して“Z形成術(Z-plasty)”を行いました。

ホクロ・イボ_Before
Before
ホクロ・イボ_After
After(術後6ヶ月)

術後6ヶ月です。
耳輪の変形もなく、ホクロの明らかな残存・再発は認めず、ご希望通りピアスホールも温存出来ました。

単純切除では、耳輪にnotch変形を来たし、傷痕も直線状で目立ちます。

東京院 大宮院 横浜院 名古屋院医師
東京院 大宮院 横浜院 名古屋院医師
菱田 健作 医師

ホクロ・イボ

処置方法 【電気凝固】局所麻酔下に電気凝固によりホクロ、イボを削り除去する。
【切除】メスでの切開による切除、縫合
リスク・副作用 【電気凝固】内出血、色素沈着、くぼみ、赤み、再発。
【切除】感染、ケロイド、瘢痕
費用 78,000円

合計金額/78,000円(85,800円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「ホクロ・イボ」を
もっと知りたい方はこちら