体験談

体験談

きれいで自然な二重まぶたになり、とても気に入っています

二重術・目頭切開・涙袋 二重 20代 / 女性
施術内容
二重術(切開法)
20代
 / 女性

小学生の頃から、二重のりやテープが手放せませんでした。目元にきつい印象があり、重たいまぶたが嫌でたまりませんでした。
数年前に他のクリニックで埋没法を受けたことがあったのですが、戻ってしまうのは嫌だったので今度は切開法にしたいと思っていました。聖心さんに相談に行ったところ、片岡院長から「埋没法を受けた時のように自然なラインを、切開法でつくりましょう」と優しくおっしゃっていただき、丁寧にシミュレーションをしてくださいました。
手術は切開法といっても麻酔が効いていたので、痛みは感じませんでした。手術後はやはり腫れが出ましたが、事前のカウンセリングで聞いていたので、想定の範囲でした。
翌朝起きると、腫れで目が開けづらかったです。内出血もあったので、刺激しないよう気を付けて過ごしました。
今ではすっかりきれいで自然な二重まぶたになり、とても気に入っています。厚ぼったかった脂肪もなくなり、目が開けやすくなりました。片岡院長、ありがとうございました!

まぶたが厚く腫れぼったい場合、埋没法では十分な二重ラインをつくることができなかったり、元に戻ってしまうことがあります。その点、切開法はまぶたの余分な皮膚を取り除きながら二重ラインをつくるため、半永久的で、かつはっきりとした二重ラインをつくることができます。当院では必要に応じて、目の周りの筋肉や脂肪も取り除くため、目元の重たさや腫れぼったさを改善することも可能です。
ダウンタイムを気にされる方は多いですが、強い腫れは10日ほどで治まります。1週間後の抜糸以降は傷跡をメイクで隠していただけます。切開法での術後の経過写真もご用意していますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

片岡 二郎 医師
横浜院 院長
片岡 二郎 医師